ネットパトロールでどこまで守れるか

What's New
ネットパトロールでどこまで守れるか

ネットパトロールでどこまで守れるか

最近では小学校の夏休みの宿題など含め、小学生からインターネットを使って検索することも珍しくなく、スマホに子育てをさせないようにと幼児期から親のスマホやタブレットを貸し与え、動画やゲームをさせている親が居るほど、現在は年齢問わずネットに関わらないでいることの方が難しい時代です。
そして積極的に関わっている人の中には、小学生社長始め、扶養控除から外れてしまうほど稼ぐ中高生もたくさんいます。
それこそ一昔前は、芸能界にでも入っていなければ子供が大金を稼ぐことは難しかったのですが、時代は確実に年齢も場所も選ばない、ボーダレスの時代に突入してきたと言えます。
さて、学校などでもネットパトロールを実施していることがありますが、どれほど子供たちは守られているのでしょうか。
個人情報の漏洩がどのようなシステムで行われているのか、実際ネットパトロール出来る範囲の限界を知ることや、法律で守ることができないラインを知ること、自分の行動がどうなっていくかのシミュレーションを親子の間ですることが大切になります。
しかし、ネットサービスは次々に新しいものが出てきますので、最終的には個人のモラルに頼るしかないことも念頭に置く必要があると私は思います。

Copyright 2016 ネットパトロールでどこまで守れるか All Rights Reserved.